• 文字の大きさ・色を変更するには
  • よくある質問と回答
  • サイトマップ

ホーム > 水道を利用する > 水道のトラブル > 凍結してしまった 凍結を防ぐには

ここから本文です。

凍結してしまった 凍結を防ぐには

もし凍結してしまったら

水道管の場合(屋外)

保温しているものをはずし、蛇口を開け、タオルを巻き、ぬるま湯をかけてください。

蛇口の場合

蛇口を開けタオルをあてて、その上からぬるま湯をかけてください。いきなり熱湯をかけると、蛇口が破損することがありますので注意してください。

水道管が破損してしまったら

お近くの芳賀中部上水道企業団指定給水装置工事事業者に修理の依頼をしてください。修理費用はお客様負担になります。

芳賀中部上水道企業団指定給水装置工事事業者はこちら

凍結を防ぐには

水道管の保温

屋外の水道管は、発砲スチロール保温筒や手近にある毛布(ビニールなどで濡れないように防水したもの)などを水道管に巻き付け、保温してください。

水道メーターの保温

水道メーターボックスの中に発砲スチロール製の保温材やビニール袋に詰めた布切れなどを入れて保温してください。

止水栓の操作

外出などで何日も水道を使わないときは、メーターボックス内の止水栓で水を止めておきましょう。

[手順]

  1. 止水栓のハンドルを回らなくなるまでいっぱいに回す
  2. 蛇口を開けて水を流す
  3. 水が出なくなったら蛇口を閉める

水抜きができない止水栓でも、止水栓を止めておくことにより、凍結による破損を防ぐことができます。